千葉県白子町

千葉県長生郡白子町  人口約1万人の外房・九十九里浜に面した小さな町(5㎞四方)。国道…

千葉県白子町

千葉県長生郡白子町  人口約1万人の外房・九十九里浜に面した小さな町(5㎞四方)。国道も、鉄道も、中心市街地も無い町)   少子高齢化の中、試行錯誤中。テニスの聖地。

マガジン

  • シティプロモーション シティブランディング シビックプライド

    町のプロモーションとはどのように実行されるか?考え方と実践。

  • やってみた

    アイデアをカタチにする、スピード感を持ってやってみる。

  • まちづくりのコツ(実践事例)

    予算を掛けて大規模なまちづくりとは違い、将来のコンパクトシティ化を目指すためには政策誘導が必要です。 その前に、、予算を掛けないで「関係人口」を増やす、シビックプライドを高める作業としてのまちづくりのヒント、事例を。

最近の記事

白子町たまねぎ×セブンイレブン                相互情報発信

セブンイレブン様との第2弾はこれ。 「白子町たまねぎのチーズオニオンブレッド」と「白子たまねぎ蒸し鶏の梅肉和え」。 やはり玉ねぎスライスと梅肉は合うんですね。 今回は第1弾の編成を踏まえ互いにできることをできる範囲でやることになりました。 観光協会や町のSNSでの発信は町が主導し、企業は「白子町産たまねぎ」であることをPR。 「白子町たまねぎ®」のPR,ブランディング(付加価値)、プロモーション(購買まで含む=町に生産者に金が落ちる、外貨を稼ぐ視点)に繋がる取り組みです。

    • 産官学連携は農商工連携的発想で

      官民・公民連携は農商工連携的発想で取り組む。(本当は6次産業化的と言いたいが、難しい。実際の6次産業化も実は甘くない。) 地域の生産物(地域資源、観光や特産物や立地条件や誘致企業等)と外部のチカラ(ノウハウ、資金、発信力、ブランド力等)を掛け合わせて、その町独自の「取り組み」「事業」を企画~実践すること。 官民連携であれば、町の観光資源の磨き上げに資する、情報発信に資する、付加価値が生まれる(ブランディング)、関係人口が増える・・・に直結することが多い。 また町の課題、 た

      • ChatGPTを使ってみた⑦       観光資源にストーリーが必要な理由は何?事例を含めて答えて!    

        観光資源にストーリーが必要な理由はいくつかあります。以下に代表的な理由と事例をいくつかご紹介します。 観光資源の差別化:観光地は競争が激しく、他の地域と差別化することが重要です。ストーリーテリングは、観光地の独自性や魅力を伝えるための有力な手段です。例えば、フランスのモン・サン・ミシェルは、浮島のような姿と中世の建物が見どころですが、その背後には様々な伝説や歴史的なエピソードが存在します。これらのストーリーを通じて、観光客に特別な魅力を感じさせることができます。 感情の共

        • 防災・減災における官民連携の必要性(小規模自治体がやっておくべきこと)

          現在、某民間企業と防災にける連携を進めている。 包括連携にこだわらずに、防災・危機担当と結ぶのを第一義として。 具体体にどう進めるか? 民間に連絡して(従前から知ってるとやりやすい) まずはZOOM等で顔合わせから。 担当者同士をまず、知っていただき「課題感」を共有する 災害現場で何が必要とされているのか先方の事例(能登)とこちらの経験値(担当官)という情報を共有する。 (例) →段ボールベッド・間仕切りが体育館に備蓄されていないのはおかしい?→段ボールは水分を吸ってふにゃ

        白子町たまねぎ×セブンイレブン                相互情報発信

        マガジン

        • シティプロモーション シティブランディング シビックプライド
          2本
        • やってみた
          9本
        • まちづくりのコツ(実践事例)
          5本

        記事

          新玉ねぎ(白子たまねぎ)レシピ!

          ネットから拾った、新玉だから生かせるレシピ。 独断、ベスト3! NO,1 NO,2 NO,3 すべてリンクですので、ご容赦ください。メーカー様と何のつながりもございません。(持てればいいと思っている) 簡単で、たまねぎが主役で、自分も食べてみたい作ってみたいと思えるモノをピックアップ。 どうでしょうか。(1と3が醤油とポン酢違いだったので簡単で生を味わえるレシピを追加で) 相葉マナブでもやっていましたね! P.S 玉ねぎレシピで「まちおこし」作戦! ヒントはこの

          新玉ねぎ(白子たまねぎ)レシピ!

          「テニスの聖地」のリ・ブランディンに向けて(ナショナルクライアント様との連携事業~包括連携)~その手法と考え方~

          テニスの聖地と呼ばれる「白子町」。その理由は300面以上のコートを持ち、テニス合宿できる宿(白子温泉ホテル群:合宿仕様がここにきて「観光資源化」の足かせとなっている)がる。 小学生の大会から、大学生の合宿、企業チームの合宿からテニス企業主催の大会まで数多くのテニスに関するイベントが行われている。しかしコロナ禍を経て人口減もあいまり、テニス人口減→テニス合宿も減っている実情がある。 ホテルによっては個人、ファミリー富裕層向けに改装するところも少しづつ現れているが資金のかかること

          「テニスの聖地」のリ・ブランディンに向けて(ナショナルクライアント様との連携事業~包括連携)~その手法と考え方~

          大学との連携事業をやってみた。

          城西国際大学観光学部のゼミ生を白子町に呼んでみました。(20人弱) 「包括連携」に向けてのキックオフ事業。(学生によるフィールドワーク) 単に協定を結ぶのではなく(それでも小さな町には恩恵があるが)、一つ二つ「目に見える」カタチにして実績を残してから「結ぶ」というコンセプトで。 まずは観光学部のゼミ生(海外留学組)に、若者視点で、よそ者視点で、外国人視点で白子町の観光資源を観て感じてもらうところから。→偶然「外国人留学生の多いゼミだったのでインバウンドという要素も付加されま

          大学との連携事業をやってみた。

          ChatGPTマサルくんで、同じお題で2つのルートでやってみると?(壁打ち実践) ChatGPT使ってみた⑥

          白子温泉ホテル有志から1部屋ずつ10個の部屋を提供してもらい、それをワーケーション用・2拠点生活用に改修し(Wi-Fi爆速・デスク機能充実)、予約一元管理で運営をするにあたり、観光庁の「観光新発見事業補助金」申請書を書いて A:補助金申請窓口の場合 了解しました。以下は白子温泉ホテル有志によるワーケーション用および2拠点生活用施設改修プロジェクトの申請書のたたき台です。 観光新発見事業補助金申請書2024年度 地方創生推進タイプ実施計画 都道府県名: 千葉県 市町村

          ChatGPTマサルくんで、同じお題で2つのルートでやってみると?(壁打ち実践) ChatGPT使ってみた⑥

          セブンイレブン(千葉県内)ともっと連携できるプロモーション。

          大葉入り白子町新玉ねぎとツナのサラダ旬を迎える「白子町新玉ねぎ」をたっぷり使用したサラダです。相性の良い大葉とツナを組み合わせ、ポン酢をかけてお召し上がりください。 250円(税込270円) 事前に販売前に話をして「販売時には店頭POPの強化=白子町産の強調」や、「連携(リンク)したSNS発信」などを提案していたのですが。 「6月に販売となります」というメールで安心していると既に販売開始! 先方のHPを見るとしっかり季節商品として掲載している。 →そこに、「玉ねぎ狩り 5

          セブンイレブン(千葉県内)ともっと連携できるプロモーション。

          玉ねぎ狩り(祭り)×デジタルスタンプラリー

          玉ねぎ狩り月間(5月1日~5月31日)の中、12日日曜日は玉ねぎ祭りでした。→これに集まる観光客に「白子町をもう少し知ってもらおう、巡ってもらおう」という便乗企画でもある「デジタルスタンプラリー」。 先日書いた「デジタルスタンプラリー」の1スポットにもなっています。(他の日に行ってもOKだが、何もない広場ですが→スポットの位置が駐車にっズレていました・・残念) (スタンプラリー)周知方法は町内の白子温泉、観光協会、商工会、白子神社というステークホルダーが中心で後は地域おこし

          玉ねぎ狩り(祭り)×デジタルスタンプラリー

          自治体ChatGPTを使ってみたその⑤

          企業版ふるさと納税をトップセールスする際に効果的な手法やアプローチ は、以下のようなものが考えられます。 情報提供と説明: 首長は企業に対して、ふるさと納税の仕組みやメリットをわかりやすく説明し、具体的な事例や成功事例を示すことで、企業が参加するメリットを理解しやすくします。 カスタマイズ提案: 企業ごとにニーズや関心が異なるため、首長は企業の業種や地域性に合わせたカスタマイズ提案を行うことで、企業の関心を引き、参加意欲を高めることができます。 パートナーシップ構築:

          自治体ChatGPTを使ってみたその⑤

          ChatGPTマサルさんを使ってみた④

          観光新発見事業の実施計画書を書いて。 千葉県白子町「白子温泉」をウェルネスビーイングをキーワードに、九十九里浜・ビーチ海浜セラピーと温泉と地元食材を使った健康的な朝食をメニュー化。一人あたり2万円で夫婦、家族利用を目指します。実施に当たっての予算は○○○万円です。 2024年度 地方創生推進タイプ実施計画 都道府県名: 千葉県 市町村名: 白子町 交付対象事業の名称: 観光新発見事業 4.交付対象事業の背景・概要 A.地方創生として目指す将来像(交付対象事業の背景) 千葉

          ChatGPTマサルさんを使ってみた④

          カゴメ(株)×白子町(3小学校)

          小学校3校の3年生の「食育」「植育」になる取り組みとして。 実はこれまでは自主的に自分の育てたい野菜等を自分で買って育てていた・・・カゴメのこのプログラムに参画することで苗が(りりこという、カゴメオリジナル品種(ジュース用に改良された))贈られてきて、そのレポートを提出すると優秀なら表彰・副賞もついてくるという優れもの。 教育委員会との橋渡し。(ここから先は学校にお任せ、より良い取り組みにするのも、義務的な取り組みにするのも現場次第) また、2024年参加校ということで

          カゴメ(株)×白子町(3小学校)

          官民連携:伊藤園「桜プロジェクト」未来のまちづくり、をカタチにしてみた。

          白子町×伊藤園 観光スポット、パワースポットとしての「白子神社」の磨き上げとともに、 「桜広場を充実させたい」という神社のニーズにピッタリはまる企画を伊藤園様が持ってきてコラボレーションさせてみました。 桜の苗木を最大10本植樹する、記念碑もすべて企業側が持つという仕組みです。 白子神社は白い蛇、白い亀、「白」がキーワードなので入り口には「白い花」が咲く桜を。またシンボリックに10メートルになる桜の植樹場所を式典 場所にして、ニュースリリース。 イベント事をその場で終わら

          官民連携:伊藤園「桜プロジェクト」未来のまちづくり、をカタチにしてみた。

          自治体ChatGPTを使ってみたその③

          千葉県白子町への移住定住促進プラン 【プラン概要】 千葉県白子町では、地域の活性化と人口定住の促進を図るため、以下の取り組みを実施します。 【1. 地域魅力の再発見】 白子町の自然環境や観光資源、地域の歴史や文化をPRし、地域の魅力を再発見するキャンペーンを展開します。 地元産品や伝統工芸品の魅力を活かしたイベントやマルシェを開催し、地域資源の活用を促進します。 【2. 住宅支援策】 空き家対策として、空き家バンクの整備やリノベーション支援制度の導入を行い、新たな住民の

          自治体ChatGPTを使ってみたその③

          公務員AIChatGPTを使ってみた、その②

          提案書: 白子温泉を活用した温泉ホテル街の活性化 はじめに 千葉県白子町にある白子温泉は、ヨウ素成分を含む特徴的な泉質を持つ温泉ですが、これまで観光資源として活用されていませんでした(テニス合宿のの宿泊場所)。この提案書では、白子温泉を観光資源として活用し、温泉ホテル街を活性化するための具体的な提案を行います。 提案内容 温泉ホテル街の整備 • 白子温泉周辺に新たな温泉ホテルを誘致し、宿泊施設の充実を図ります。 • ヨウ素成分を含む白子温泉の効能や特徴をPRし、観光客の

          公務員AIChatGPTを使ってみた、その②